Stage27

Stage 27 : Deep Sea Sensor Grid

仕様書

087.jpg
087-2.jpg
  • sonar はパッシブソナーセンサーに接続されたシンプルインプットである。
  • magnetic は、磁気異常検出器に接続されたシンプルインプットである。
  • radio-rx は、無線受信機に接続されたブロックされないXBusインプットである。
  • raido-tx は無線送信機に接続されたXBusアウトプットである。
  • このセンサアセンブリのID番号を指定する無線を介してデータパケットを受信した場合、要求されたセンサからの最新の6つのセンサ読み取り値(現在を含む)を、最も古いものから順に、

センサアセンブリのID番号 1=パッシブソナーセンサー
2=磁気異常検出器

  • センサアセンブリのID番号は、XBusインプットとして読み取ることができるセキュアIDチップに格納されている。

原文

...


どんな装置の問題?

海洋をモニタリングする為の深海探知装置に組み込む装置のようです。

モニタリングをする為に無線からリンクと共にパッシブソナーと
磁器異常検出センサーの値を連続的に記録する装置の開発を所望されています。


ヒント

要点

...


2種類のデータを記録するには?

...


2種類のデータの書き込み方と読み込み方

...



配線例

...



回答例

...



解説動画

現在準備中です。

  • 最終更新:2018-10-25 21:02:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード